100日後に会社を辞めるために

大手人材紹介会社で働く私が人材紹介会社の仕事について、人材紹介会社に登録すべき人・転職に困っている人に対してご助言申し上げます。

キャリアドライブがかかってしまった方:転職回数の多い方へ

新卒で入った会社が倒産した!!

新卒で入った会社がくそブラックだった!!

転職して入った会社でお給料が支払われなかった!!

転職して入った会社がどうしようもない年功序列企業だった!!

正社員で入社したはずだったのに契約社員にされた!!

ソリューション営業をしたかったのにSES営業にされた!!

事務職で入社したはずだったのに、営業に回された!!

 

など、いろんな理由・いいわけはあるだろうが、転職回数が増えた人についてはご愁傷様と言わざるを得ない。

ただし、あなたが悪いわけではなく企業が悪いわけだ。

もちろん反省はするべきだが、大丈夫。開きなおろう。

ただし、人事や面接官相手にくそ真面目に「会社の業績が悪く・・・・」「会社がくそブラックで・・・・・」とは言うな。そんなもんいったら落ちるに決まっている。

ただし、人材紹介会社のCAには遠慮なくいっていただきたい。

上部だけの転職理由を言ってくれても構わないが、本音をいってもらった方があなたのためになるはず。

よっぽど嘘・方便が上手な人であればきっと切り返しもできるだろうが、面接官からせめられた時に切り返しができないのであれば本音をいってもらって、それをいかに他責ではなく自責に面接官に話すことをできるかが勝負所になってくるからだ。

そして、私はものすごく軽率な転職活動をしてしまったことを恥じており、反省しております。次の転職で最後にしたいと考えております。一生をあなたの会社で収めるつもりであります。とそれに似たことを言おう。

思ってなくたっていい。とはいえあなたは少しでも反省をしているはずだから(反省してない場合は役者になりきろう)、面接官としても仕方がありませんね、と了承をしてくれるはずだ。

もちろん、いいわけについては一緒に練る必要がある。なぜそうなったのか。

特に、2008年前後の転職をした人にはこちらとしても正直つつきたくはないが・・・・・・本音で話していただきたい。

 

今まで何人もの求職者を転職させてきたが、一番多かったのは40代で次が7社目の人材だ。彼は経験を活かして外資系IT企業でセールスマネージャーとして活躍しているようだ20代で5社目の彼も、大手人材企業で大活躍している。

ここで一番大切なことは、「いかにそれらしく言い訳を本音らしく言えるか」ということだ。脚色したって、もったっていい。

ただし嘘はつくな。嘘ではなく、いかに脚色した言い訳をはなせるか。

これがキャリアドライブ=職歴を刻んでしまった方が、転職活動において一番大事なことであろう。ただし困ったら、人材紹介会社にご登録下さいね。ただ、人材紹介会社は選びましょうね。

 

もちろんキラキラ人材である第二新卒の方はその限りではありませんよ!よっぽど高飛車でなければあなたがたが入社したい企業に入社できますので、自己応募をした方がいいね。人材会社の都合で人生を振り回されるくらいなら、あなたの都合で動きましょうね。

 

 

売れる人材、売れない人材

売れる人材とは、人によって異なる。

ただし、絶対的に売れる=決定する人材の層は決まっている。

 

・20代

・大卒(日東駒専レベル)

・2〜3年程度の無形商材の営業経験(新規開拓経験あれば尚可)

・転職歴なし

 

この層だ。

もしも自分が上記項目にあてはまる場合には、年収の100万前後アップも夢じゃない。それなりの会社、それなりの業界さえ望まなければ。

なぜならこの経験の人がどこの企業でも枯渇しているからだ。

最近多いのが、老舗企業が若手営業を欲しがるケース。

なぜなら、老舗企業、優良企業、安定企業と呼ばれる会社は上がつまっており、

若手をあまりとってこなかった。今まではそれでも回ってはいたものの、気がついたら5年後にはその年寄りどもが定年退職で使い物にならなくなってしまう。

とはいえ新卒に1から教えるのってリスキーじゃね?だったら若い社員いれちゃう?数年くらい営業経験あるんだったらそれでいいですよ!といった具合で若手の営業経験のあるやつは信じられないくらい高い値段で売れていく。

 

微妙な会社に入社をしてしまい、年収240万〜280万円程度だった方々はハッピーです!おめでとう!!

3年続けなくたってあなたが知っている優良企業に、年収100万円くらいあげて入社することができるのです!!!

だから嫌ならそんな仕事やめてしまえ!そして弊社にご登録くださいね。

某日系の大手企業は数ありきですが、弊社は質重視です!一気通貫型なのでミスマッチもないかと思います。といって自社の宣伝はしませんが、とにかく嫌ならやめちまえばいいと思います。

年収は平気で100万円以上アップします。そして前の仕事がばからしくなるくらい、優良な企業で優良な務め方をすることができるかと思います。

ただしあなたの3年間ないし2年間がむだだったわけではなく、そうやって頑張ったからこそ、次のステップアップができるかもしれない権利を持っていることを忘れないで転職活動をしてほしい。

人材紹介会社で働くということ:営業(RA)とは

人材会社において営業とはRAと呼ばれる。

RAとはなんの略かというと、Recruiting Advisorの頭文字をとっている。

企業の潜在的な課題を抽出し、それに見合う人材を提案する。

 

こういうと聞こえがいいことだろう。

ただ一般的な人材会社で営業担当は何をしているかというと、ひたすらテレアポをしている。『いつもお世話になっております。**社の**ともうします。採用担当の**さん、いらっしゃいますか?』**さんは適当にいう。山田でも高橋でも佐藤でもいい。とにかく、間違えちゃった!そうだ、佐藤さんじゃなくって秋元さんでしたね!といってさも知り合いのようであるかのように担当者につないでもらう。

まあまあこのご縁でございますし、一度お打ち合わせしておきましょうか?今週と来週どっちがいいでしょうか?今週ですねーじゃあ、水曜と木曜どっちがいいですか?木曜、じゃあ、午前と午後ならどちらがよろしいでしょうか。。。。。。

 

このような具合でとにかくアポをとる。中途採用やっていることを前提に。

そして、あなたの会社これから営業とるでしょ?必要だよね?そうだよね?

I社の媒体で求人だしてるんだから、いるでしょ?うちからも提案してやってもいいよ?と人事担当者に無理やり押し込む。年収の数10%を頂くお約束を取り付ける。

IT業界の経験者必須っていってるけど、そんなやつ御社になんていかないんですよ。もっと魅力的な会社にいっちゃうんですよ。なんで、無形商材の営業経験があればいいよね????職歴は4社くらいなら刻んでてもいいよね???

このような具合で人選条件を緩和しまくり、まずは社内に持ち帰ります。

企業の潜在的な課題なんて知ったこっちゃないし、彼らがほしい!と思う人材を、いかに目線を下げるかということに注力します。

 

そしてその求人票を作成。人選のポイントを内勤のCAどもに共有するわけだ。

ここで社内調整が必要になってくる。

無能なCAに頼むと女性必須となっているオーダーにもかかわらず平気で男性をあげてきたり、20代限定と書いているのに30代をあげてきたりする。

ばかの相手をしてはいけないのである。

とにかく自分というRAを好きでいてくれてるCA、もしくはその業界に詳しいCAにオーダーの共有をし、いち早くオーダーに人をあげてもらう=候補者からの応募をとってもらう必要があるのである。

優秀なCAはすでにどっかのRAにとられているので、自分のパートナーになりそうなCAがいない場合には自力でマッチングをするか、できない場合には優秀になり得る、もしくは自分のことを好きでいてくれるCAを使うしかない。

とにかく人をあげることを最優先とする。なぜならどんなにいいオーダーであったとしても、応募する人がいないことには意味がないからだ。

 

オーダーの獲得、そして人を企業の人事担当者にご提案する。

こういう人でもいいですよね?とにかく会ってくれませんかね?と。

あってくれると了承してくれたのもつかの間、気がついたらあれよあれよと良いことしか言わないから最終面接にいってます。

最終面接前にRAがする必要があるのは候補者へ年収の確認。これくらいだしたらいくよね?と。そして企業にも、昨日の時点ではこれくらい年収あればいくと言ってますけど、いかがでしょうかとお伝えします。

そしてようやく実って内定!

候補者がごねる場合もありますが、そんなことは知ったことではない。

好きにしろ!とは言えないが、できる限り寄り添う。今まで、お前のためにいろいろ寄り添ってやったよね?お前じゃこの企業の内定ひとりで取れなかったよね?受諾するよね?と、CAと一緒になって受諾させるように仕向けます。

晴れて候補者が内定受諾します!といったらしめたもの。

その後は企業にお伝えし、任務完了。とまではいかない。受諾後の辞退を防ぐためにも、アフターフォローは徹底する。そして入社後3〜6ヶ月で辞められてしまってもそれもまたそれで返金をする必要があるので、これまたアフターフォローを徹底するしかないのである。

3〜6ヶ月の返金規定がすぎたら晴れて自由!候補者のことなんて忘れ、次にいく。

基本的に人材紹介ビジネスとは、売り切りなので3〜6ヶ月の返金猶予の期間が過ぎたらそいつらなんて極論どうだっていい。

思い入れのある人なら一生懸命フォローをすればいいし、そうじゃないなら忘れたらいい。

いちいち人の人生に入っていたらキリがない。

とにかくテレアポから始まり人を企業に打ち込む。これが人材会社の営業である。

 

人材紹介会社で働くということ:キャリアアドバイザーとは

しばらく、人材紹介会社で働く我々にとって転職市場はぼろ儲けになりそうなので人材紹介会社で働くことはどんなことか書こうと思う。

 

どうせブログだのメディアだのいいこと書いているものは【人の人生を指南することができるからやりがいがある】とか、【人に関わることで自分も成長できる】とあるだろう。

 

ばかなんですか?そんなわけあるわけない。

 

もちろん人にとってはやりがいのある仕事なんだろうとはお察しいたしますが、はっきりいって人のことを商品としかみなせなくなってしまうし、朝は早く夜も非常に遅い。私の所属する会社はフルフレックス制度をひいているため、好き勝手できるのだがそうじゃない会社の方はすごいと思う。はっきりいってあんなもん善人かドMの人じゃないと務まらない。

人材会社にもよるが、両面と呼ばれるキャリアアドバイザーと企業側(営業)を同時に行う場合、尋常じゃなくハードモードとなる。

キャリアアドバイザーと呼ばれる人材側のみを担当しているのであれば、朝早く夜遅く、とにかく人材(商品)にあわせて行動をする。

人材がお昼にランチをたべながら面談をしたいというならそれにあわせるし、外面談がしたいとわがままを言えばそれにあわせる。

20時スタートがいいというならそれにあわせてやるし、朝9時からがいいと言われたらもちろんそこにあわせる。

 

キャリアアドバイザー(笑)と呼ばれるが、営業である。

彼らの使命はその人のキャリアのアドバイスをすることではなく、そいつのいけそうな会社により高い値段で入ってもらえるように仕向けるお仕事だ。

 

キャリアアドバイザーの人材獲得方法は主に3つある。

1つは自社サイトに流入してくる人材を捕まえる方法だ。これが一番手っ取り早く、決まりやすい。

2つめはスカウトサイトと呼ばれる大手人材企業のデータベースをお借りして、ひたすら自社にはいない人材を自社に登録すべくスカウトメールを打ち続けることだ。これに関してはただの確率論だ。毎日コツコツ積み上げるしかないと思われる。

最後、3つ目は知人紹介といわれるもの。

お友達、ご家族、決定人材からの紹介など多岐に渡ります。

 

こうしてコマを増やし続け、人材に会う。自分の思い通りの企業を受けさせ、思いのままに内定を受諾させることがお仕事だ。

一人あたりにかける時間は非常に大きい時もあるし、小さい時もある。

ただ、やみくもに何人も会っても意味がない。

人材が面接を受けにいかなかったり、ばっくれられた日には死にたくなる。

なんでだよ!!!!!!!!!なんて怒鳴ることはできない。

なぜならその人材に電話をしても着信拒否や電源を切られているなど、現代人ならではのシラの切り方をされるからだ。

だからこのモヤモヤを解消することはできないので、次の人材を探す。

終わりはばっくれられたか、他の会社で内定を受諾されたとき、そして我々の手で

内定を受諾させることに成功した時が終わりだ。

人材紹介というのは売り切りのビジネス。その人材を何度も売ることはできない。

 

もちろん、決まってよかったね!おめでとう!!と言える時は非常に嬉しいし、やってやった!!!感があるのは否めない。

だがしかし、これが決定=内定受諾をしないと本当に死にたくなるしこいつを脅迫して受諾させてやりたい、と思うほど精神的に辛くなる。

総じて、「嫌だ」という人を「はい」と言わせる仕事というのがキャリアアドバイザーのお仕事である。

 

では、キャリアアドバイザーに期待をせずに自己応募をすることが正しいのか?

というと、そういう訳ではない。

もちろん自己応募したほうが受かる可能性は高いこともあるだろう。

キャリアアドバイザー=人材紹介会社を挟むことの最大のメリットは2つある。

1つ目は、お前がどんな仕事をするべきかわからない場合や、自己応募で会社を探しきれない場合には勝手ながらご提案をさせていただく。

そのため、その中からお前が好きなお仕事を選べばいいだけだ。完全な受け身でお前は年収があがったり、希望の業界にいくことができるのだ。

2つ目は、いきたい会社が明確にある場合。しかし該当ポジションがネット上に出回ってないもしくは自分の力で受かる自信がない場合には、キャリアアドバイザーが勝手に当該企業担当と相談の上、推薦分を添えた上でお前を企業に売り込むように企業担当と策略する。

以上だ。

 

メリットがないわけではないし、大抵の、特に、若い人に限ってはやることややりたいことなんてない人が非常に多い印象を受けるので使うことをおすすめする。

しかしながら、キャリア【アドバイザー】という言葉に惑わされるな。

アドバイザーではなくお前の将来を金で売っているわけだから、キャリアアドバイザーを選ぶ時は慎重に。

いい企業ばかり出してくるやつがいる場合は特に注意をする必要がある。お前がいいご経歴(職歴を刻んでいない、学歴がまともであるなど)でない場合、キャリアアドバイザーのKPIと呼ばれる月に達成しなくてはいけない数字のための手伝いをさせられている可能性があるからだ。

利用するのか、利用されるのかはお前次第である。

しかし、絶対にアドバイザーという肩書きがついているからといってお前の将来のアドバイスをしてくれることを絶対に期待しないように。

我々はお前のことを商品としか思っていないし、そうでなければ喋るガラクタであるとしかみなしてない。

そしてこの仕事を人助け!とか、社会貢献!とかいうバカ野郎どもが蔓延しているが、そんないい仕事ではない。

もしも本当に人助けをしたいならNPOやらサークルやら、自主的な活動をしてくれ。

我々人材会社に期待を決してしてはいけない。

我々の使命は売り上げを達成することであり、お前の将来についてアドバイスすることではないのだから。

 

転職したいやつへ捧ぐ!お前のことなんて商品としかみてない!

どうも。人材紹介会社で働いております。

いわゆるCA/RAいずれもやっております。メインはRAですが。

転職したいやつらに言いたい。

特に、20代、それなりの大学卒(※文系日東駒専レベル)の方へ。

キャリアコンサルタントが本当にお前のことを考えていると思うなよ!

 

キャリアコンサルタント(笑)とか言いながら我々も営業です。コンサルタントなんて名ばかり。裏では一生懸命お前の売り先を探している。売り先が確定しただけで喜んでもいられない。次にやることは値上げだ。お前の値上げだけを虎視眈々と狙っている。お前に優しくするのもいやだと言われないためだし、お前のことをすごい!と褒めちぎるのも、わざと突き放すのもお前に「内定でたよ。いくよね?」と聞いたときに「はい!行きます!」と言ってほしいからだ。

はっきりいって、これだけだ。

それ以外でなんか言ってくるやつは話にならない。お前のための時間ではなく私の時間だから下手な嘘、言い訳、全部いらない。

お前らが私に提示するものはお前の一番自信のあるところ、売れそうなところそしてダメなところを一つずつ伝えるだけでいい。

あとは売り先は私が決めてやる。お前の希望もきいてやるから、頼むから余計なことは考えるな!私のことだけ考えろ!

 

こういうつもりでいるため、私が狙う候補者は職務経歴書に傷が多いやつだ。

理由は簡単で、私の奴隷になりやすいから。傷がついていないやつは手間がかかるし、正直大学も底辺、中途半端な会社にいる私からしますと、一橋出ました!MSにいます!とか、早稲田出ました!アマゾンにいます!ってやつは非常に扱いにくい。

プライドがお高い人にはそれなりの会社を提示しなければいけない。正直そういうやつらは好きにしたらいい。むしろ、転職エージェントに頼るってことはお前の価値はそれ以下だよ。営業マンに頼るレベルのカスだ。親に頭を下げるべきじゃないかね?

いい大学にいったのに会社から評価されないので転職したいですという看板を下げているのは恥ずかしくないのか?

ここにいきたい、どこどこにいきたい、という気持ちがあるなら自己応募をすればいいのではないかね?エージェントを使うと企業担当の人が後押ししてくれる!というが、

企業側からすると人材紹介会社を使ってしまうと、手数料が発生する。

年収の何割かを採用手数料としてとられるくらいであれば、自己応募してくれた方を採用するに決まっている。だからもしも人材紹介会社(転職エージェント)に登録したからといってお前の人生が明るくなる、なんて勘違いしているならその考えを改めろ。

紹介会社はお前を商品としか思ってないし、それ以下でもそれ以上でもない。キャリアアドバイザー(笑)という肩書きに騙されるな。

頼むから自己応募をしてくれ。そして自分の可能性を少しでも広げてくれ。

特に、早慶上智出身の方に関しては、絶対に自分のことを安売りなんかせず、いきたい会社があるなら自分で自分のことを売ってくれ。我々を使ってもいいことなんて何一つないよ。とはいえ、人材紹介を使ってくれるユーザーがこれからも増えることは間違いないので、我々の仕事を忌憚なく次の記事から紹介させていただく。その中でメリットも記載させていただくのでご参考いただきたい。

 

 

100日後に会社を辞めるために

働きたくない。

自慢じゃないが、昔から真面目で曲がったことが大嫌いだ。

絶対に自分の思い通りに物事が進まないと気が済まないし、人の考えに同調するのなんてまっぴらである。

外資系人材企業に勤めて今2年目。人に合わせ過ぎるのはもうごめんです。

社畜の朝は早い。4時起き、軽い筋トレ・運動をした後に豆乳とコーヒーを一杯ずつ飲む。シャワーを浴び、5時半には電車に乗り込む。読むのは当然ビジネス書。よくわかんねーけどみんな自分のために一生懸命変わったタイトルをつけてるように思うけど、だいたい書いてあることは一緒だ。

「結論から話す」

「明るく元気にハキハキと」

「朝早く夜早く寝る」

「ネガティブな言葉は使わない」

「焦らない」

こんなことしか書いてないのに、それでも読むのは私が自己啓発が好きだからだ。

何十冊、何百冊、何千冊読んだのか知らないし覚えてもないが、とにかくこれはどんな本にも書いてあるから大事なんだと思うが、ネガティブな言葉を使わないことだけは守ることができない。

6時半。会社の最寄駅につく。満員電車から吐き出された自分の足とおっさんを見ていると、何と戦っているのかわからなくなる。

6時40分。コンビニでコーヒーのLサイズを買う。転職する前から決めていた。

絶対に人並みの給料になった時には、SサイズじゃなくてLサイズのコーヒーを豪快に飲むと。

人並みの生活になった自分はLサイズのコーヒーを毎日がぶ飲みする。

7時。誰もいないオフィスで、PCをつける。スカウトメールを打つ。返信がくる。こない。くる。こない。メールを打つ。誰からも返信がこない。

8時。アカウントをあけたい会社に電話をする。無視されるならまだマシだが、出社すらしていない会社すらいる。ふざけるな。私とあって損するわけないだろう。出社しろ。

9時。皆さんが出社し始め、テレアポを始めている奴らもいる。

テレアポは得意分野だ。テレアポができないやつは仕事の基本ができないとよくいってるバカがいるが、テレアポが得意でも営業が得意とは言わない。私がいい例である。

テレアポのアポイント獲得率は高いが、成約率が低い。毎月新しいアカウント開拓数だけはトップの成績だ。1位以外とったことがない。だが、成約率は低い。アカウントをあけた時点でやる気がなくなるからだ。そもそも初めて会う相手以外に興味はない。

17時まで大抵、1日1〜3件ご訪問させていただく。17時半には帰る。仕事も家に持ち帰らない。

19時。家につく。風呂に入る。20時。読書をする。22時眠りにつく。この繰り返しだ。果たしてこれが一流の営業マンになれるとでもいうのだろうか?そもそも私はなんのためにこの会社に入ったのか?

 

ステータスが欲しかったからだ。

 

大学生の時はとにかく外資系企業にいければそれでよかったため、外資系企業をかたっぱしから受けた。気が付いたらとんでもない外資ベンチャーに入社していた。

その会社では、延々とテレアポをし続けた。電話をしていないとひどい罵声がとんでくるので、自分の身を守るためひたすらテレアポをし続けた。同期は鬱だのなんだのといって退職していった。そのため私だけ残ってしまった。気が付いたらテレアポだけは得意になっていた。

約1年、頑張ったがよくわからない自由になれないカルチャーが気に入らず、本社に不満をぶつけすぎていた結果退職に追い込まれてしまった。

仕方がないので無職を満喫し、今度は大手外資系企業で、数字だけでしか評価されない状況で生きていきたいと考え現職に入社。

人なんてコマだろと思っていたので、人材なんか簡単だと思っていた。

人材紹介会社のお仕事は、「いやだといってるやつを無理やりはいと言わせる仕事」だと思う。とにかく人はいうことをきかない。腹が立つ。お前に可能性なんかあると思うなよ!!!なんて言えないので、すごいですねーそうですねーを繰り返す。

そんなことも思ったことはない。

社内でも非常に気を使わなくてはいけないので、すごいですねーそうですねーを繰り返す。いったい私は何者になりたかったのか?

好きな時に好きなことをしたい。金も時間も自由できれいな女性になりたかった。

バリキャリのキャリアウーマンになることが夢であった。

現在の生活もそれに近しいかもしれない。ただ、中途半端である。

好きな時間に出社して、好きな時間に帰ることもできるし数字だけで評価される理想の職場かもしれない。

だけど出し抜かれることは往々にしてあるし、真面目にやっているとばかをみる。

そりゃあ当たり前かもしれないが、真面目にやってるやつだってばかをみなくてよくないか?いい思いさせてくれてもよくないか?そもそも男を使って仕事を取ってくるやつに何か言われたくないのだが?女を使って仕事をしているわけでもないが、いや、そうかもしれないが、それでもお前らよりよっぽど勤勉にやってやっているのだが?

 

とにかく取り柄はまじめなことと顔しかない。

だから出し抜かれることに腹をたてるし、自分の思い通りにいかないことは絶対にやりたくない。

だから私は決めました。

もう会社辞めます。自由に生きていくのです。

全て自分の責任で、自分だけのために生きていくことにしてやった。

だから毎日ひとつテーマを決めてかく。

テーマは下記。自分が不満に思っていることだけをかく。

それで金を稼ぐ。稼げなかったら次を考える。

100日後私の誕生日で辞めてやる。